S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

プロフィール

ブランの保護者

Author:ブランの保護者
名  前  ブラン ♂
誕生日  2010.12.30
出身地 茨城県
現住所 神奈川県
性  格 温厚でビビリ
得意技 ピッピ&鼻水攻撃
大好き お散歩&お昼寝&ごはん

チャームホイントは
大きなまんまるお目め

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アクセスカウンター

狂犬病予防注射に行ってきました   2017 5月


ばなー①










GW中の恒例になりつつある

ブランの “狂犬病予防注射” に行ってきました

毎年 フィラリアの薬もいっしょに貰うことにしているので

かかりつけの病院に行きました





花





受付をして待っていると お花屋さんが来て

玄関にあったお花を新しいお花に変えていました

とてもきれいで可愛いお花だったので 写真を撮らせてもらっちゃいました





ブラン(1)





前回病院に来たのは ワクチンの注射のとき

特に大きな病気もしなかったので 7か月ぶりに病院に来ました


可愛いお姉さんが チワワちゃん1ぴき ダックスちゃん2ぴき を

抱っこして病院の中に入ってくると ブランは嬉しくてウキウキそわそわ

とうさんにリードをすご~く短く持たれているところに注目(笑)(下の写真)





ブラン(2)





そのうち1ぴきのダックスちゃんが 長椅子をトコトコ歩いて

かあさんの横に来たので 「小っちゃくてお目めクリっクリで可愛いですね」

と声をかけると 「レスキューの子なんですよ」って言っていました

飼い主さんに可愛がってもらっているのが伝わってきて

こちらも幸せな気分にさせてもらいました





ブラン(3)





そして ブランのことですが。。。

お熱と体重を測って 聴診器をあててもらって 特に異常は無かったので

フィラリアの検査をしてもらったのですが 「一緒に血液検査もしませんか」

と言われたので はじめてやってみることにしました (一昨年は尿検査のみ)

ブランも6歳 人間でいえばそろそろ成人病が気になる年齢

ということで 検査をしてみることにしました

※体重は去年とほぼ同じ 5.12kg お熱は???忘れました!





ブラン(4)




20分くらい待って もう一度呼ばれてドキドキの結果発表

まずフィラリアの検査は大丈夫でした

血液検査も すべて正常範囲内で ひと安心です (検査結果のコピーもらってきました)

そのあといよいよ “狂犬病予防注射” と思って かあさんの方が緊張してましたが

ブランは院長先生の顔も見たくないようで(←さっき採血のとき押さえられていたので)

後ろを向いているうちに あっという間に終わってしまいました

フィラリアの薬はいつもの白い錠剤を貰って 帰ってきました


今回の血液検査の結果は お守りだと思って

また元気に過ごしてくれればいいなぁと思っている かあさんです










ばなー② にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村














スポンサーサイト

ぶるぶるそわそわのお注射!


ばなー①










今年もブランは ワクチンのお注射に行ってきました

去年は動物病院の帰りに 赤信号で止まっていたら

後から追突されるというアクシデントがありました

ブランだけでなく とうさん かあさんにとっても

いや~な思い出の日となってしまいました



病院に着くと 混んでいて ほかのワンちゃん ネコちゃんが

気になるのと また耳掃除をされるかもしれないと思ったのか?

そわそわして ブランは落ち着きがありません





ブラン(1)

体重計





そして 順番がきて 診察室に入り

診察台=体重計に乗っただけで そわそわブルブルしすぎで

5.18~5.28のあいだを行ったり来たり 結局 5.24kgに決定

今年の夏は比較的ごはんを食べてくれたので 体重が増えたことを

伝えると 「まだ肋骨もわかるし クビレもあるから大丈夫!」と言ってくれました

体温は38.6度で去年と同じでした





ブラン(2)

ブラン(3)





お口の中も診てくれましたが ちょっと歯石が…

「まだ きれいな方です」と言ってもらいました

震えてはいましたが 怒るわけでもなく 先生にされるがままのブラン

安心して見ていられるけど なぜか笑っちゃう かあさん


お熱計って お口開けて 聴診器あててもらっただけなのに

やさしい先生で 頭なでなで してくれました

かあさんが ブランの頭をなでなで すると 自信満々なお顔ですが

先生になでなで してもらったら 腰ぬかしたかなっ





ブラン(4)

ブラン(5)





最後に今日来た目的の ワクチンがあります

先生が横で注射の準備をしているだけで 診察台の上を そわそわ

かあさんに上半身を抱えられ オシリにチックン

あっという間に終わってしまいました



念のため この間トリミングの後 ブランが ペロペロガチガチしてしまった

ところも診てもらいましたが 大丈夫でした



最初から 最後まで ぶるぶるそわそわしていましたが

無事 終了しました

ブラン お疲れさま 頑張ったねっ










ばなー② にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村












エリカラ生活 (o´_`o)・・・


ばなー①










トリミングに行って

今回もパグちゃん風カットで帰ってきた ブラン

前回のブログで

“トリミングのことで来年は考えないといけないこと”の理由が

この“トリミング後のこと”なんです



以前(昔です)トリミングでケガをしたことがあったので

帰ってきたら ブランの体をひと通り見て ブランの動き

(自然に自分で おすわり ふせ などが出来るか)をチェックします

そして…トリミングの翌日は とうさん か かあさん の仕事もどちらかが

休みのときに予約を入れるようにしています





ブラン(1)





今回は 2人とも休みで とうさんがブランを基地(部屋)から出して

朝ごはんをあげようとしたら 「ブランの手 赤くなってるよ」と言うので

かあさんが台所から急いで行ってみると 確かに赤くなっていて

もう少ししたら血が出ていたかも?って感じでした


前足(人間でいう 手~上腕にかけて)にポツポツ 肘の下

(ブランは縦線の“つむじ”のようになっています)が赤くなっていたので

夜中に気になって ペロペロ ガチガチしてしまったようです

(※舐めたので かなり毛がビショビショになってました)





カラー

ブラン(2)





以前ケガしたときに買った 黒いエリザベスカラーを付けて

みたのですが 大きくて以外と重さがあり マジックテープが

強力すぎて ブランが付けたり外したりする バリバリという音を

怖がるので 急遽 別のを買いに行ってきました

でも 今度はプラスチックでできているのと 大きめのホック(スナップ)

のパッチンという音が怖くて 逃げまわっています


耳の近くで バリバリ パッチンされるので

ブランにとってはものすごい音に聞こえるのでしょう





ブラン(3)

ブラン(4)





でも これ以上悪くなっては困るので 夜寝るときと

お留守番のときは エリザベスカラーを付けてもらうことにしました


かあさんが 仕事から帰ってきたら一緒にいて エリカラを外して

ストレスを感じさせないようにしています

ちょうど涼しくなってきたので いっぱい抱っこして いっぱい遊んで

のびのびリラックスして寝てもらえるようにしています



このブログがアップされる頃にはブランの傷も

だいぶ良くなっていると思いますが

ブランはトリミングの後 どうしても自分の肌が気になるようで

ペロペロ ガチガチしてしまうようです

来年はバリカンじゃなくハサミでやってもらうか バリカンでも

5mmでやってもらうか 今から悩むところです



〔追記〕それとも・・・

長さの問題ではないのでしょうか










ばなー② にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村












どうしてあげたらいいのか分からなかった (゚△゚;ノ)ノ


ばなー①










GW中のお散歩のことを載せる予定でしたが 予定変更です


日曜日の夕方のこと 。。。

ブランが急に ブーブー鼻を鳴らし息苦しそうにして

かあさんの方にやってきました

はじめは嘔吐でもするのか?と思っていましたが そういう感じではなく

ブランは かあさんの膝に乗って助けをもとめているようでした



こんなこと はじめてだったので かあさんもどうしてあげたらいいのか分からず

時間は1分とかそのぐらいですが とても長く感じ 苦しそうに かあさんの腕にしがみつく

ブランの背中を撫でてあげることしかできませんでした





ブラン
その日の夜の写真です





鼻ペチャのワンちゃんはよくブーブー鼻を鳴らすことがあると

聞いたことはありますが 人間でいう過呼吸?過換気症候群?みたいな

あまりにも苦しそうなのでビックリ!しちゃいました

今度 病院で相談してみようとは思っているのですが

とうさんも かあさんも 仕事などで 誰もいないときになったら

どうしようかと思っています

パソコンで調べてみると いろいろ書いてはあるのですが

こんなふうになったことがあるワンちゃんって多いのでしょうか???



その後ブランは いつものように夜ごはんを食べ

元気におもちゃで遊んでいました










ばなー② にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村












いつもの + 目のこと


ばなー①










ゴールデンウィーク恒例の『狂犬病の注射』に行ってきました

いつもはブランのお誕生日(1年目ので狂犬病の注射)の関係で

5月に入ってからしているのですが 気になったことがあったので

GW初日に行ってきました





ブラン(1)





注射の後は 安静 にしていないといけないので

先に病院の近くをお散歩してから 受付しました

先に待合室にいたシーちゃん2ぴきと

何やらお話しをしているようでした





ブラン(2)





診察室に入り 診察台に乗せられただけで このへっぴり腰

体重は 5.14kg で 体温は38.5度 聴診器を使っての音も異常なし

いつも体重の変動がないので 先生から褒められました





ブラン(3)





それと…この日の朝 ブランの左眼がちょっと気になったので

今回は数日早めに病院に行きました

光や太陽のあたり方によっては気づかないくらいなのですが

右眼に比べると 左眼が濁っているように見えました(目ヤニではありません)

瞳孔も左眼のほうがちょっとだけですが 鈍い感じがしました


そのことを先生に話し 診てもらうと・・・・・(簡単な検査)

今のところ緊急性は無いようですが 週2回眼科の病院で勤務している

先生もいるので(この日はお休み) また気になったらいつでも来て下さい

と言ってくれました





ブラン(4)





そして…フィラリアの検査と狂犬病の注射も 無事終了しました

そのあいだ とうさん かあさん は診察室の外で待っていたのですが

何の抵抗もせず お利口さんにできたらしい?です

いつもと同じフィラリアの薬をもらうことになり 診察室を出ると

ブランはジタバタ暴れだし。。。

先生の前では”猫を被っていた”だけ と判明





ブラン(5)





病院の帰りに ちょっとだけ実家に寄りましたが

実家の前で近所の子供につかまり 遊び相手をさせられました

病院で頑張ったことも 子供となかよく遊べたことも

実家でたくさん誉めてもらいました

そして無事家に帰った ブランでした










ばなー② にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村












| HOME | NEXT